シニアリポーターの取材リポート リポーターが取材したイベント情報をご紹介!

男性フラチームの創設 元気でより良いまちづくり

取材日 2023年02月19日(日)

頑張りました。踊った後はみんなが笑顔

頑張りました。踊った後はみんなが笑顔

一生懸命に踊る姿に周りは感動

一生懸命に踊る姿に周りは感動

最初はギクシャクした動きから始まり

最初はギクシャクした動きから始まり

男性フラチームの創設って!?
SDCの元気でより良いまちづくりの実現に向けた取り組みとして、「シニア年代中心の男性フラダンスチームの創設」という、びっくり驚きの地域があるので取材した。

219日(日)、中原区井田の住宅街に位置する井田神社共和会館を訪れると、明るいハワイアンの音楽が聞こえてきた。中を見ると、60歳代から70歳代の男性が「ハイッ、右カホロ、左カホロ」という先生の掛け声に従って、右へ左へ動いて踊っていた。

この団体は、「(仮称)井田カネフラチーム」といって、最初は老人クラブのイベント企画で「カネフラ」というものを紹介したところ、周りから「ぜひ、続けて。次回も見たい」との声や、支える女性支援スタッフのお蔭もあり、メンバーは「特にフラを踊りたかったわけではないけれど、みんながそんなに喜ぶなら」と継続することになった。最初は手と足がバラバラ、体も固くギクシャクしていたが、今は音楽に乗って踊れるようになった。

 

カネフラとは

ハワイ語で「カネ」は男性のことを意味していて、男性のフラを「カネフラ」というのだそうだ。最初は「何それ?裸で踊るやつ?」と見向きもされず、笑われたりしていたが、何回かお披露目する機会をもうけたところ、徐々に注目されるようになり、「楽しそうだね。いいね。かわいい」などと声をかけてもらえるようにまでなった。

 踊りはまだまだだが、「揃いのアロハシャツで、立っているだけでもさまになる」と先生の言葉に、メンバーもまんざらでもない。出演の機会が増え、これからの活躍が期待される。

312日に予定されている、DAISHIワールドフェスに出演する予定

https://partyanimalsjp.com/wp-content/uploads/2023/02/20230311daishi.jpg

 

SDC(ソーシャルデザインセンター)について詳しくは、こちらをご覧ください。

http://www.kawasaki-senior.com/report/?action=detail&report_id=635

https://www.city.kawasaki.jp/shisei/category/38-1-16-1-13-0-0-0-0-0.html

中原区井田 
内田恭子
シニアリポーターの感想

フラの練習、最初はひとり、ふたりの時もあったようです。続けていくうちに段々と参加者が定着してきたとのこと。理由のひとつには、練習後のチョイ飲みが楽しいという意見が。男性を団結させるヒントがここにあると思いました。

訪問者数訪問者数:487
評価数6 拍手
拍手を送る
このページを印刷する
  • 取材リポート一覧へ戻る