シニアリポーターの取材リポート リポーターが取材したイベント情報をご紹介!

三崎港で三崎のマグロを食べよう!

取材日 2023年04月17日(月)

    三崎港うらり館屋上で集合写真
    三崎港うらり館屋上で集合写真
   N. H:三浦海岸「海わ屋」で昼食
   N. H:三浦海岸「海わ屋」で昼食
      M. M:三浦海岸
      M. M:三浦海岸

グループ交流会「三崎のマグロを食べよう」に参加

行程:京急川崎駅1025発→三浦海岸→「海わ屋」で昼食→三崎口駅前からバスで三浦海岸通りから三崎港→三崎港の観光拠点「うらり」で買物&自由行動→京急川崎駅で解散

 

参加者の一言メッセージ

企画担当者:H. S.

 予定日の3日前にもう一人の担当者から「目を患ってしまい欠席します」との連絡が入り、切符はどのように入手するのか?乗車予定のバス停は?バスの行先は?予約した店への連絡は?、等々詳細を聞いてはいたのですが把握していなかったので大慌て。

 結果はとても楽しい交流会となり、皆さんの協力があって大成功に終わりました。

M. M.

 三浦海岸の海辺に出ると対岸に房総の山並みがくっきり見え、三崎港の町並みはかっての繁栄の名残りが見受けられました。行き帰りの電車内での交流も楽しかったです。

N. H.

 皆と集いお昼に食べるマグロ定食とビールは最高です!


T. S.

 「みさき まぐろ きっぷ」でスムーズに行動できました。美味しい昼食とお土産まで。おすすめです。

E. O.

 「白浜と海と真っ白な雲」の中、潮風に吹かれての散策がとても心地良かったです。

H. K.

 相模国三浦総鎮守の「海南(かいなん)神社」です。三浦七福神巡りの一つ「弁財天」が祀られてます。

 境内には頼朝お手植えの大銀杏と金鮪みくじがありました。かいなんは「解難」、難を解いてくれそうです。

Y. T.

 海南神社参道のレトロな喫茶。この近辺は昭和レトロとして有名?みたい。ネットでググるといろいろ出てきます。

S. T.

 海岸をパノラマで撮ってみました。(そのままでは掲載出来ないので右三分の一をカット・三田)

 

※写真は参加者からの提供

   T. S:三崎本館木造4階建て建物

   T. S:三崎本館木造4階建て建物

        E. O:うらり館内

        E. O:うらり館内

       H. S:うらり館屋上

       H. S:うらり館屋上

        H. K:海南神社

        H. K:海南神社

   Y. T:海南神社参道のレトロな喫茶

   Y. T:海南神社参道のレトロな喫茶

     S. T:パノラマで撮った海浜

     S. T:パノラマで撮った海浜

三浦市三浦海岸~三崎港
三田田鶴子
シニアリポーターの感想

 久し振りに少し遠出をする、という旅気分を味わうことが出来た。
 京急線川崎駅の切符売り場で「みさき まぐろ きっぷ」があり、電車+バス+昼食+お土産券付きのチケット代3,700円を買い求めて、本当にバスを何回乗ってもそれを見せるだけなので楽でした。
 三浦海岸は、春はキャベツで夏はスイカの産地、と隣り席の人に教えて貰いましたが、本当に一面キャベツ畑が広がっていた!
 少し海側を歩いたら“城ヶ島大橋”が目の前に観れた。
 下調べをして参加すべきだったと後悔。

訪問者数訪問者数:399
評価数9 拍手
拍手を送る
このページを印刷する
  • 取材リポート一覧へ戻る