シニアリポーターの取材リポート リポーターが取材したイベント情報をご紹介!

施設紹介 川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)

取材日 2018年05月25日(金)

   市民交流の場として
   市民交流の場として
  ホールでダンス(すくらむまつり)
  ホールでダンス(すくらむまつり)
   販売ブース(すくらむまつり)
   販売ブース(すくらむまつり)
  624日(日)に「すくらむ21まつり」が川崎市男女共同参画センターにて行われる 

川崎市男女平等推進週間に合わせたイベントで、参加約40団体、毎回3500人もの来場者でにぎわう。

 学びと体験のコーナー、多彩な模擬店、音楽や踊りを楽しむステージなど、豊富なメニューが用意されている。今年第14回目。AM10:001500まで。幼児から高齢者までが楽しめる。通称「すくらむ21」はどんな施設なのか、新村富喜子館長を訪ねた。

 

川崎市内唯一の川崎市男女共同参画センターとは

 平成11年、男女雇用機会均等法改正に伴う市の事業として開館した。設置目的に「男女が社会の対等な構成員として、あらゆる分野における活動に参画する男女共同参画社会の形成に寄与するため」とある。この役目を推進するため、「学ぶ・育む」「つなぐ」「支える」「知る・伝える」という4つの柱を中心に事業を実施している。

具体的には学びたい事柄は講座、研修、起業支援などが通年実施されている。、家庭内の問題、子育ての悩み、経済的自立、介護の問題、近隣環境など、電話相談ができる。自助グループのミーティングで同じ悩みをかかえる仲間と出会う場もある。授乳室もあり、若者、高齢者まで、どの世代にも対応している。川崎の男女共同参画情報収集・提供の拠点として調査研究など特徴的な公共施設である。無料で使える交流室、情報収集資料室(図書室)もある。立ち寄ってみると、たくさんのイベントチラシもあり案外知らない自分発見になりそうだ。

 

 ※すくらむ21では、センター設立10周年を記念し、パープルリボンプロジェクトを立ち上げている暴力の下に身を置いている人々に勇気を与えようとの願いから、40か国以上に広がっている、国際的なネットワークに発展した草の根運動

 

 

問合わせ先 すくらむ21事務局:044-813-0808 住所:高津区溝口2-20-1

 開館時間:8302130  奇数月の第3火曜日・年末年始が休館

Email:scrum21.or.jp   URLhttps://www.scrum21.or.jp/

ハロー・ウイメンズ110(女性のための電話相)044-811-8600

     月~木(1015時)金(1520時)日(1217時)

面談相談希望の方、まずは上記に電話を。

男性のための電話相談:044-814-1080 毎水曜日18002100

 

近々のシニア世代向けイベント

 すくらむマルシェ 毎月1回第3木曜日 ホール前入口付近  11501245

 トークサロン:ダブルケアをしっていますか? 6/17 13301530 参加無料

   育児と介護・孫支援など、少子化・高齢化におけるケアの複合化・多重化の問題に焦点を 

   (保育あり350/1人)

 ✼再就職したい女性を支援 パソコン講座 6/196/21 9301200

Excel初級  無料 テキスト代有(保育あり同)

 防災・減災 ゲーム体験会:614(木)

自主防災組織の方、災害時のリーダーの方必須。 参加無料(保育あり同)

 

 

 

 

  交流室 予約不要 要受付 

  交流室 予約不要 要受付 

情報収集・学習室 利用左記に同じ

情報収集・学習室 利用左記に同じ

     ホール 客席数850席

     ホール 客席数850席

 親子参加の有料保育実施 (適時)  

 親子参加の有料保育実施 (適時)  

キルト、パープルリボン活動を表現

キルト、パープルリボン活動を表現

ちょっと立ち寄ると様々な情報が・・・

ちょっと立ち寄ると様々な情報が・・・

川崎市男女共同参画センター  JR・東急 溝の口駅より10分
石渡一美
シニアリポーターの感想

 この施設の業務内容は多岐にわたる。改めてきめ細かい市民への対応策に感心した。この施設の名前が固いので、もっとワーキングに関連した問題解決の施設かとも思っていた。館長のお話を伺い、市民生活に寄り添った、情報満載の場所であると感じた。防災時の簡単自助ツールなど、日常に役立つ生活情報も得られる。休館日も少ない、開館時間も長い、ありがたい特異な施設である。

訪問者数訪問者数:278
評価数9 拍手
拍手を送る
このページを印刷する
  • 取材リポート一覧へ戻る