シニアリポーターの取材リポート リポーターが取材したイベント情報をご紹介!

チャリティーコンサート 心に届く音楽を

取材日 2023年11月25日(土)

ピアニスト岩崎佳子さん

ピアニスト岩崎佳子さん

歌手の武下亜登子さん

歌手の武下亜登子さん

    ザ ボルケーノ

    ザ ボルケーノ

  正午より開場されたライブハウスには、続々と人々が集まった。音楽療育施設とユニセフへのチャリティーイベントとして94’に始まった音楽集団「ハッピーノーツ」29回目のライブコンサートが始まる。

 

来場者へのメッセージ
 主宰のジャズピアニスト岩崎佳子氏は「12年前の東北大震災、その後も相次ぐ自然災害、世界各地の戦争、それらに伴う経済の悪化。未来に不安を抱える今日、音楽で少しでも心を癒し、慰めになるよう願っている」と開会の言葉を述べた。また、この日の純利益は30年間応援してきた「療育相談のでんでん虫」と「リトルパンプキン」に、寄付をすると発表した。

 

このチャリティーコンサートで演奏するのは3つのバンド
「グルヴィーシンガーズ」は川崎市の溝ノ口で岩崎氏が指導するジャズコーラス団体。 「The Volcano (ボルケーノ)」は川崎市内、福祉法人『なごみ福祉会』の療育相談「でんでん虫」にて、外来療育を利用する青年たちとスタッフで構成されたパーカッションバンド。「武下亜登子&斉藤利志昭」はプロで活躍する演奏家。

 

そして圧巻はプロの音楽家の演奏
 聴衆は、岩崎佳子さんがピアノ演奏するバンドで歌う「武下亜登子さん」の歌唱に魅了される。年齢は公表されていないが後期高齢者ではある。その声は美しく声量もあり、心打たれる。「いつまで歌えるかしら」などと吐露するが、ステップは軽やかユーモアもたっぷり。ワンマンライブの予定もあるとのこと。会場の人々もたくさんの元気をもらった。
 終演後の聴衆は、東北被災地へチューリップの球根を寄付するための募金箱に、次々と支援の気持ちを投じていた。

 

 

【参考】

グルヴィーシンガーズ 

ボルケーノ  ザ・ボルケーノ~地域の中でいきいきと | かわさき市民活動センター 

武下亜登子さん 20190224 武下亜登子 ラ色の人生 | mijikaconcert (hamahtr.wixsite.com)

岩崎佳子さん ピアニスト、作曲家、アレンジャー

 

練馬区江古田、ライブハウスBUDDYバディ
石渡一美
シニアリポーターの感想

 グルーヴィー・シンガーズの取材をきっかけに「ハッピーノーツチャリティーコンサート」を知り
武下亜登子さんと岩崎佳子さんの音楽を知りました。このお二人の演奏に惹かれ、今回のライブにも行きました。その芸術性と鍛錬された技術に心酔します。岩崎さんは一世代以上若いですが、亜登子さんとは多分、近い歳です。そのバイタリティーに、勇気と向上心をもらいます。
社会にも貢献する、本当に素晴らしいライブでした。
 

訪問者数訪問者数:431
評価数7 拍手
拍手を送る
このページを印刷する
  • 取材リポート一覧へ戻る