シニアリポーターの取材リポート リポーターが取材したイベント情報をご紹介!

『委中(いちゅう)』 というツボ    (寄稿 野澤佑介)

取材日 2023年02月16日(木)

               ここを軽く押します
               ここを軽く押します
  ここが委中。膝の裏の真ん中。このツボを紹介します。
膝を軽く曲げると分かりやすく押せます。
※柔らかい部分なので刺激は軽めにしましょう。


委中とは
 名の由来の「委」は、ゆだねる、屈する。「中」は真中、膝を曲げた際の真中にあるツボという意味で、この名前がつけられました。このツボは、背中や腰の痛みに効果があり、ギックリ腰、坐骨(ざこつ)神経痛、膝の痛み、足腰のだるさ、足のむくみにも効きます。


このツボの効果は
 委中は膝周辺に炎症がある時や、ギックリ腰などの腰の炎症時にも無理なく使えるツボでもあります。また、委中の下には腰に繋がる神経があり、鍼灸の古典医学では「腰背(ようはい)は委中に求む」と記されています。つまり、腰痛改善にとても有効なツボと昔から言われてきました。また、委中は刺激することで、血液循環が良くなり老廃物を体の外に排出してくれる役目もあります。

 

自身でやってみましょう
 このツボに鍼やお灸だけでなく、指で押しても良い刺激になります。座りながら容易に押せるツボですから、座りっぱなしの時に押せば、足のむくみや腰痛に効果的です。さらに、温めたりして、この時期を元気な体で過ごしましょう。

ハートスマイルマッサージ社
石渡一美
シニアリポーターの感想

今回は膝の裏のツボです。簡単に自分で押すことができます。
椅子に座って、足を少し前に出すとやりやすいです。
テレビでも見ながらでもやってみましょう。
両手のひらを膝の後ろに回して中指を使ってみました。いい感じでした。

訪問者数訪問者数:362
評価数6 拍手
拍手を送る
このページを印刷する
  • 取材リポート一覧へ戻る