シニアリポーターの取材リポート リポーターが取材したイベント情報をご紹介!

プチ旅 横浜市立野毛山公園&野毛山動物園

取材日 2021年11月25日(木)

       野毛山公園マップ
       野毛山公園マップ
       横浜市中央図書館
       横浜市中央図書館
       野毛山動物園入口
       野毛山動物園入口

野毛山公

明治時代の豪商の別荘跡に造られた都市公園(総合公園)。

面積は約9.1ha、敷地内には野毛山動物園とあわせて約300本もの桜があり園内からはランドマークタワーはもとより、マリンタワーなど横浜の風景が一望できる。避難場所も兼ねた公園となっている。

横浜市内で最も高い場所である利点から、全国で初の水道場が設置された場所。

 動物園から公園とは野毛の吊り橋で繋がっている。広場では展望台やバスケットボールコートがあり、景色を眺めながらジョギングを楽しむこともでき、ぐるっと回っても一周500m程度。

直ぐ近くには横浜市中央図書館もある。

野毛山動物園

1951年に開園した入場料無料の動物園。

広さ3.3ヘクタールの園内では、ライオンやキリン、レッサーパンダなど約93種類2460点の動物を飼育・展示。

動物檻はコロナ禍の為か幾つか閉められていた。平日のせいもあるのか子供の姿はあまり見受けられなかったが、大人がカメラを手にゆっくり周っているのが結構目についた。
「なかよし広場」では本来モルモットやハツカネズミなどの小動物との触れあい体験ができるが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため当分の間中止に。
但し、12月~令和4年2月まで指定時間内に触れあい体験が出来る。
 ◎1日2回 1030113013301530(雨天中止)


※休園日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、1229日~11

※開園時間:9:3016:30(入園は16:00まで)

交通アクセス

(1)京浜急行日の出町駅から徒歩で10

(2)桜木町から徒歩で15

(3)桜木町からバスで(一本松小学校行き)→野毛山動物園前下車
         レッサーパンダ

         レッサーパンダ

        ショウジョウトキ

        ショウジョウトキ

     アビシニアコロブス

     アビシニアコロブス

  動物園からランドマークタワーを望む

  動物園からランドマークタワーを望む

 オリンピック記念碑と野毛山公園見晴台

 オリンピック記念碑と野毛山公園見晴台

  展望台からバスケットボールコート

  展望台からバスケットボールコート

神奈川県横浜市西区老松町63-10 ℡:045-231-1307
三田田鶴子
シニアリポーターの感想

 知人グループの作品展を観に初めての京急線日ノ出町駅へ降りた。それだけの目的だったが地図を見ると直ぐ近くに野毛山動物園がある事を知り行くことに。歩いて10分程とあったがかなりの坂道を上ることになった。
 動物園から吊り橋を渡って公園へ行く。展望台近くに「1964年東京オリンピックを記念して」の碑が建てられていた。
 帰りは動物園前から桜木町行きバスで。序でに横浜近辺のこれから12月を迎える夜景を見ながら散策。

訪問者数訪問者数:691
評価数15 拍手
拍手を送る
このページを印刷する
  • 取材リポート一覧へ戻る