シニアリポーターの取材リポート リポーターが取材したイベント情報をご紹介!

誰もができるアート体験「街ナカアート2021」

取材日 2021年10月02日(土)

街ナカアート2021ステージ
街ナカアート2021ステージ
出来上がった竹ドームを背景にライブ
出来上がった竹ドームを背景にライブ
 自然豊かな中原平和公園の野外音楽堂をロケーションに、市民参加型のアートフェスティバル「街ナカアート2021」が102日(土)に開催された。

文化芸術活動を触媒として、多くの市民が繋がりあう、ワークショップ形式の参加型アートフェスだ。広場では「フィンガーペインティング」「和紐で作るランタン」「ペットボトルのラベルで作る、みんなでパンプキン」「不用な端材を活用する、リ・ボーン」「ヨガ」「絵本の読み聞かせ」「紙飛行機を飛ばす」のワークショップが開催され、野外音楽堂では、ダンス、和太鼓、紙芝居などステージパフォーマンスが次々と繰り広げられていた。

会場は、非常事態宣言が解除された初めての土曜日、久しぶりの体験活動に多くの人が訪れ、明るい声が響いていた。

 

巨大な竹のドームが芸術作品になるまで

広場中央に高さ2メートル以上の竹製のスタードームが設置された。フィンガーペインティングで描いたみんなの作品をこのスタードームに結び付けていく。徐々に色とりどりの布が増えていき、大きな秘密基地の出来上がりというわけだ。時間経過とともに変化するインスタレーションアートを体感。世界で一つだけのアート作品を完成させた。

 

解体作業もイベントの一部

 この巨大竹ドームは、翌日解体された。弓矢が作れるワークショップが開催され、解体のお手伝いをする親子が集まっていた。廃材を利用した野性味あふれる弓矢づくり、後片付けもイベントの一部だという位置づけ、すべてが芸術だ。

 

主催は、アートラ・ファブリカ川崎パパ塾

ホームページ https://machinakaart2021.wordpress.com/
竹ドームの内側から空を眺める

竹ドームの内側から空を眺める

作品は、翌日解体された。

作品は、翌日解体された。

ドームは無くなり、弓矢になった。

ドームは無くなり、弓矢になった。

中原平和公園・野外音楽堂
内田恭子
シニアリポーターの感想

「インスタレーションアート」というものを初めて体感した。作品の中に自分を置くという感覚がとても新鮮だった。
竹ドームは、神庭古墳近くの竹林の竹をメンバーが自ら伐採し、寸法に合わせて切り出すことから、始まった。ドーム型を作り、巨大秘密基地を作った。一日だけの芸術作品、片付けられると、跡形もなくなり、最後に弓矢が残る。面白いと思った。現代アートの自由で奥行きの深さを感じた。

訪問者数訪問者数:152
評価数5 拍手
拍手を送る
このページを印刷する
  • 取材リポート一覧へ戻る