シニアリポーターの取材リポート リポーターが取材したイベント情報をご紹介!

川崎に春が来た、お花見するならここで。

取材日 2019年03月18日(月)

(1)川崎大師公園の桜。
(1)川崎大師公園の桜。
(2)夢見ヶ崎動物公園の桜。
(2)夢見ヶ崎動物公園の桜。
(3)幸区・延命寺山門前の桜
(3)幸区・延命寺山門前の桜

 間もなく川崎にも春が来る。満開の桜は、いつ見ても美しい。そこで、市内の身近な桜の名所を集めてみた。
(1)川崎大師公園の桜。  
  川崎大師に隣接する大師公園には、「桜の園」という、お花見にぴったりの場所がある。広い芝生でお弁当を食べ乍ら桜を楽しめる場所だ。
  桜は園内の至る所に見られ、散策したり、芝生で休んだりできる所が随所にある。
  アクセス:京急大師線 東門前から徒歩10分

(2)夢見ヶ崎動物公園の桜。
  小高い丘の上にあり、無料の動物園や神社・お寺も隣接する。桜の木は400本を超え、満開時は山全体が桜に包まれる。
  アクセス:JR南武線 新川崎駅から徒歩15分

(3)幸区・延命寺山門前の桜
  江戸時代中期に創建された真言宗智山派のお寺で、山門前には数本の桜があり、満開になると山門を飾る。
  アクセス:川崎駅ラゾーナ裏側から徒歩15分。

(4)等々力緑地公園の桜
  等々力緑地は多摩川に沿って敷地約38万㎡の神奈川県内でも屈指の広さを誇る公園で、園内には約600本あまりの桜が植えられている。
  アクセス:電車・バス:JR南武線・東急東横線「武蔵小杉駅」からバスで約5分。「等々力グランド入口」バス停下車

(5)元住吉・二ケ領用水の桜
  東元住吉小学校横を流れる二ケ領用水も、桜の名所として有名である。一部には親水遊歩道が整備されており、家族連れで散策が楽しめる。
  アクセス:東急東横線元住吉駅から徒歩5分、関東労災病院付近

(6)宮前区・春待坂の桜
  ソメイヨシノの桜並木が200m続き、満開の時期は桜のトンネルのよう。
  「この坂は西向きの斜面のため、桜の開花が遅いので、春を待つ」というイメージから愛称とされたそうだ。
  アクセス:東急田園都市線鷺沼駅から始点まで徒歩6分

(7)津田山・緑ヶ丘霊園の桜
  川崎市内でも屈指のお花見スポット! 400本以上の桜が咲き誇り、花見客でいつもにぎわう。
  ソメイヨシノの後は、八重の一本桜も見事。
  アクセス:JR南武線 津田山駅下車 徒歩5分

(8) 二ケ領宿川原堰取水口付近の桜
  二ケ領用水の流域には数多くの桜の名所があるが、ここがその始点である。満開の桜が水路に覆いかぶさるようで素晴らしい眺めである。
  アクセス:JR南武線・小田急線 登戸駅下車徒歩10分

(9) 麻生川沿いの桜
  柿生駅から新百合ヶ丘駅間に沿って流れる麻生川は、両岸に桜並木がある。お花見の時期には見事な景色で、多くの賑わいを見せる。
  アクセス:小田急小田原線「柿生」駅より徒歩2分

(4)等々力緑地公園の桜

(4)等々力緑地公園の桜

(5)元住吉・二ケ領用水の桜

(5)元住吉・二ケ領用水の桜

(6)宮前区・春待坂の桜

(6)宮前区・春待坂の桜

(7)津田山・緑ヶ丘霊園の桜

(7)津田山・緑ヶ丘霊園の桜

 (8) 二ケ領宿川原堰取水口付近の桜

 (8) 二ケ領宿川原堰取水口付近の桜

 (9) 麻生川沿いの桜

 (9) 麻生川沿いの桜

川崎市内全域
小林俊夫
シニアリポーターの感想

 今回の桜の名所を纏めるにあたり、市内にこれほど多くの桜の名所があることに驚いた。普段、何気なく見過ごしている景色を、改めて散策してみたい。
 ご紹介した以外にもまだ山ほど名所があるので、読者も身近なスポットを散策してみると、意外な発見があるかもしれない。

訪問者数訪問者数:359
評価数11 拍手
拍手を送る
このページを印刷する
  • 取材リポート一覧へ戻る