シニアリポーターの取材リポート リポーターが取材したイベント情報をご紹介!

効果がハッキリ! スロートレーニングで転ばない体づくり

取材日 2018年10月10日(水)

白山いこいの家は丘の上に
白山いこいの家は丘の上に
各自に配布、健康講話の資料
各自に配布、健康講話の資料

 川崎市は市内各所のいこいの家で「いこい元気広場・転ばない体づくりのための体操」を行っている。週1回、参加費無料、参加は随時、加入した日から6か月で卒業となる。その教室のひとつ、東急スポーツオアシスが担当している「白山いこいの家」の体操を訪ねた。


  プログラムは健康講話、体操、脳トレの構成 
この日の講話は「風邪について~」。鼻水の様子で色で体調をみきわめる、高齢者鼻炎など資料を配布しやさしく解説。次は腰かけているそのままの場所で体操をおこなう。この回は主に下半身を鍛える内容。10時から開始し11時で休憩。次は脳トレと後半の体操とで11時半に終了。着替えも運動シューズも不要。参加者は半年で卒業なのでおよそ24回は受講できる。毎回内容が変わるので、初参加の場合でも不安なく始められる仕組みになっている。

70代、夫妻での参加者「とっても良くなるのが実感できる」、84歳男性「20分かけてここに歩いてくる」、「長期入院ですっかり足が衰えた。とっても優しく指導してくれて、ここに来るのが楽しみなの」とは87歳女性。90歳まで通うという目標があるそうだ。

 参加者に頼られている指導員は介護予防運動指導員の資格を持つ2名の女性。優しく注意深く受講者をサポートする姿勢は清々しく、参加者が継続できる支えになっているようだ。

 

麻生区東急スポーツオアシスの担当会場   各会場 10001130

  麻生いこいの家(水) 王禅寺いこいの家(火)  白山いこいの家(水)

  岡上いこいの家(金)   問いあわせ 044-951-3636(ヨネッティー王禅寺:髙木)


「いこい元気広場」他地域の問い合わせ先

川崎市介護予防・日常生活支援総合ダイヤル:0570-040-114

腿をトントンスリスリ

腿をトントンスリスリ

ゆっくりと立ち座り

ゆっくりと立ち座り

脳トレ、写真を見つめて記憶します。

脳トレ、写真を見つめて記憶します。

柔らかいボールで握力強化

柔らかいボールで握力強化

10秒ずつ10回、効きます

10秒ずつ10回、効きます

最後は椅子を片づけます。

最後は椅子を片づけます。

麻生区白山いこいの家
石渡一美
シニアリポーターの感想

 取材をしながら、ところどころ体操に参加した。教室が終了した後、87才女性が、すとんと腰を落とししゃがんで帰り支度をされていた。私も同じ姿勢になり、ここに通っている感想などを聞いた。話おわりに彼女はほんの指先を床に付けただけで、すっと立ち上がった。私も同じようにすっと立ち上がれた。一昨日前はしゃがんだらよいしょとつかまり立ちをしていたのに・・・・。今は毎日ほんの少しの時間、スロー体操を続けている。

訪問者数訪問者数:161
評価数3 拍手
拍手を送る
このページを印刷する
  • 取材リポート一覧へ戻る